新着情報

じんわり復活!和紅茶ブームを探る。

ここ数年、国内生産の和紅茶が注目されています。

こんご、一つのジャンルとして定着するのでしょうか。

日本での紅茶生産の歩みを紹介すると共に、

昨年神戸で行われた「第3回和紅茶の祭典2018」をレポートしました。


明治時代に始まった和紅茶の生産

和紅茶の歴史は明治時代に遡ります。明治政府の大久保利通が、欧米視察の際に欧州で紅茶を知り、将来の需要拡大を見越して、明治7年(1874)に紅茶の栽培・製法・研究をまとめた「紅茶製法書」を作成。輸出品として生産を推奨しました。最初は中国からお茶師を招いて指導を受けますが、上手くいかず、政府は元・徳川の幕臣でお茶の栽培を手がけていた多田元吉を抜擢。当時、アッサム種の茶樹が見つかり、新しい製造技術が確立されていたインドへの視察を命じました。多田は紅茶づくりのノウハウを日本へ持ち帰り、明治14年(1881)にようやく国策としての生産が開始されたのです。

紅茶は生糸と並んで外貨獲得に寄与しましたが、戦後は安くて品質の良い輸入物に押され、昭和46年(1971)には紅茶の輸入自由化により海外での競争力を失い、国内ではほとんど生産されなくなったのです。

 

いま、再び和紅茶が注目されています

国内での紅茶生産が再び動き出したのは、1990年代からのこと。その背景には、緑茶離れによる茶価の低迷から、和紅茶の栽培で収益をあげようとする動きが一つ。さらには地域おこしに和紅茶を栽培して茶業の活性化に繋げる活動や、若者の緑茶離れの打開策として取り組む生産地もあります。

グローバル・ドバイ・ティーフォーラム2018(2018年4月開催)の公開データによると、世界では1日21億6000万杯の「お茶」が消費され、今後も毎年2.8%の消費拡大が予想されています。これに対して、開発途上国の人口増加、都市化の高まり、より大きな可処分所得を伴う中産階級の増加、水不足や気候変動など種々の要因から「お茶」の供給が著しく不足することが懸念されています。日本が過去の経験を踏まえて、世界のニーズに合うお茶を提供できるかどうか、『和紅茶』の今後の動きに目が離せません。

 

コメントは利用できません。