新着情報

平成30年度 宇治新茶 八十八夜茶摘みの集い

立春から88日目の5月2日。

今年も宇治では京都府茶業会議所などの主催で、恒例の「茶摘みの集い」が開催されました。

宇治駅からのシャトルバスで、参加者の皆さんは第1会場から第2会場へバスで移動。2つの会場をめぐり、お茶にちなんだ多彩な体験イベントを楽しみました。

主催:京都府茶業会議所・京都府茶生産協議会・京都府茶協同組合・宇治茶の郷づくり協議会

茶摘みや新企画のイベントで宇治茶の魅力を再発見

今年の新茶は早春から暖かい日が続いたことで例年より1週間ほど早く生育し、作柄も上場。参加した市民や観光客も、ハッピ姿の担当員から一芯二葉の摘み方を教わりながら新芽を摘み取りました。

宇治茶会館の1階ピロティーでは、新茶の振る舞いと販売を実施。試飲する人々の行列が

続き、その美味しさに感動する声が盛んに聞こえました。

 

館内2階では「美味しいお茶の淹れ方教室」が開催され、日本茶インスト

ラクターの指導のもと、お茶の淹れ方・点て方を体験。

また、3階大ホールでは、2つの新企画「水出し宇治茶BAR」と「抹茶アート体験」が話題をさらいました。

ユニークな試みなだけに、行列がでるほどの大盛況となりました。

参考:㈱矢野園発行誌 宇治の風vol72より抜粋文章
コメントは利用できません。