新着情報

 暮らしに合わせてお茶しましょう

日本人の体と心を癒してきたお茶文化

朝昼晩のお茶を健康的に楽しむためには

生活シーンに合わせたお茶選びをお客様にご提案しましょう


 

  1. 「朝のお茶」
  2. 「昼のお茶」
  3. 晩のお茶」
  4. 「あなたにはどんなお茶?」

 

スポーツを楽しむためのお茶

お茶に含まれるカフェインには、筋肉を刺激する作用があります。

このため、カフェインを多く含む上級煎茶や玉露は、スポーツをする前に飲むことをおすすめしたいもの

やや熱めのお湯で濃く淹れたお茶を、運動を始める前の20~30分前から、30分ごとにコンスタントに飲むと効果的といわれています。

61sports

 

 

●二日酔いに効果的なお茶

二日酔いには、カフェインの覚醒作用が頭をスッキリとさせてくれます。

特に熱いお湯で淹れた上級煎茶は、二日酔いの朝にぴったりです。

ただし、胃腸があまり丈夫でない方は、何か軽いものを食べてから飲むようにしましょう。

61drink

 

 

●会社でのお茶

会社でのお茶は健康維持に不可欠です。

空調で乾燥したオフィスでは、お肌や血流の為にも積極的な水分補給が必要であり、のどが渇かなくても、30分に1回は少量のお茶を小まめに摂取したいもの。

ビタミンやミネラルの補給にもつながります。

そのためにはマイ水筒にお茶を入れ、会社に持参することをおすすめしましょう。

 

 

●子ども&お年寄りや女性に

子どもやお年寄りは、カフェインの代謝能力が低いため、玉露や上級煎茶などの高級茶よりも、ほうじ茶、番茶、玄米茶などの渋みのないお茶が向いています。

煎茶を飲む場合は、水出しやぬるい湯温で淹れると良いでしょう。

また、女性に多い冷え症対策にも、ほうじ茶、京番茶などの熱湯で淹れる暖色系、茶色系のお茶が良いとされています。

コメントは利用できません。