新着情報

 暮らしに合わせてお茶しましょう

日本人の体と心を癒してきたお茶文化

朝昼晩のお茶を健康的に楽しむためには

生活シーンに合わせたお茶選びをお客様にご提案しましょう


 

  1. 「朝のお茶」
  2. 「昼のお茶」
  3. 晩のお茶」
  4. 「あなたにはどんなお茶?」

61ban

1日が終わり、一息つきたいときに欠かせないのが香り豊かなお茶の味

覚醒作用のあるカフェインが比較的少なく、胃腸への刺激も弱い玄米茶は、寝る前の一服にぴったりです。

薄めに入れたほうじ茶でもいいでしょう。

とても疲れた夜には、リラックス効果をもたらすテアニンをもたらすテアニンを豊富に含む上級煎茶を低温でじっくりと淹れて楽しみたいもの。

まろやかな風味に癒されます。

ただし、カフェインの作用もあるので夜遅い時間帯での飲用は避けましょう

また、玉露や抹茶は睡眠の妨げになりやすく、夜は控えるようにしたいものです

61ban2

コメントは利用できません。