新着情報

 暮らしに合わせてお茶しましょう

日本人の体と心を癒してきたお茶文化

朝昼晩のお茶を健康的に楽しむためには

生活シーンに合わせたお茶選びをお客様にご提案しましょう


 

  1. 「朝のお茶」
  2. 「昼のお茶」
  3. 晩のお茶」
  4. 「あなたにはどんなお茶?」

61昼3

昼のお茶といえば、ランチタイムの後の一服に癒される方も多いのではないでしょうか。

食後の締めの一服といえば、ほうじ茶がおすすめ。芳ばしい焙煎香が満足感を高めるのに一役買っているのです。

このため、京都の料亭などでは食後に出されるお茶の一つです。

特に天ぷらや揚げ物など脂っこい食事の後、飲むと口中をさっぱりとしてくれます。

 

お口直しの一服といえば、上級煎茶の爽やかな味も見逃せません。

緑茶の渋み成分のカテキンが、口中をすっきりと整えて虫歯予防にも役立ちます。

 

●午後のお茶・・・高級茶でほっこり

特に休日の午後はゆっくりとお茶が楽しめる時間です。

上級煎茶、かぶせ茶、玉露など、とっておきのお茶でお菓子を楽しみたいもの。

ポットのお湯で気軽に抹茶を点てることもおすすめしてみましょう。

61昼

 

コメントは利用できません。