新着情報

~おさらいの日本茶~

 【抹茶入りお茶】

お茶の淹れ方は茶葉で変わり、お客様の好みや体調でも異なります。

今回のお題は抹茶入りお茶。

ご存知の方も今一度おさらいを兼ね、

日本茶の知識・淹れ方・点て方をチェックしてみませんか?

抹茶入りお茶1

 
1 : 抹茶入りお茶 1
  2: 抹茶入りお茶 2
  3: 抹茶入りお茶 3
 

『一煎目は宇治抹茶のコクと風味に癒され

 二煎目は茶葉本来の味と香りを楽しむ』

 

抹茶入りのお茶が消費者に認知されるようになったのは、抹茶入り玄米茶の登場がきっかけでした。

煎茶をはじめとする緑茶が沸騰したお湯を冷まして、じっくりと淹れるのに対して、気軽に淹れられる点が多忙な現代社会にマッチして瞬く間に浸透していったといえます。

弊社矢野園のお茶についても、玉露や高級煎茶のように湯温に神経を尖らせる必要はありません。ちなみに抹茶を点てる湯温は70~90℃が目安。このため、厳選された茶葉であっても抹茶が茶葉をしっかりとコーティングするかのようにブレンドされているだけに、70~80℃の湯温で淹れても茶葉本来の風味を損なうことなく美味しく召し上がれます。

一煎目は宇治抹茶のまろやかなコクと茶葉とのハーモニーを、二煎目は茶葉本来の香りや旨みが楽しめるのが魅力

宇治抹茶を贅沢に使用したお茶だけに、お茶請けにも抹茶スイーツと一緒に楽しむことで風味が倍加すること請け合いです。

コメントは利用できません。