新着情報

冷茶は飲むだけのものと思っていませんか?

実はちょっとした工夫で簡単な食事がわりにも。

食欲のないときに利用したい冷茶メニュー

【 冷やし茶漬け】をご紹介します。


冷やし茶漬け

 

冷やし茶漬けは、冷茶と市販の具やお茶漬けの素などで簡単につくれるメニュー。普通ならご飯に具やお茶漬けの素を振りかけた後に冷茶をかけますが、ここではご飯に具を盛り、お茶椀の周囲に沿って冷茶を注いだ後、お茶漬けの素をかけることで、見た目の印象にもこだわりました。

 

鶏そぼろ三つ葉添え

鶏そぼろ1

鶏そぼろは、鍋に材料を入れ、箸でパラパラになるまで炒りつけ、完成後は粗熱をとっておくこと。冷ご飯に鶏そぼろを散らし、冷茶を周囲から注ぎます。その後、お茶漬けの素を振りかけ、三つ葉を散らして完成。

材料

ご飯…1杯分

鶏そぼろ(鶏ひき肉50g、塩小さじ1/2、みりん大さじ1/2、酒大さじ2)

お茶漬けの素…1袋

三つ葉…適量

冷茶…適量

 


 

鮭そぼろ抹茶隠し味

鮭そぼろ2

ご飯に鮭そぼろ、塩昆布、お茶の葉の佃煮を盛り、お茶椀の周囲から冷茶を注ぎます。隠し味に抹茶を振ると、ほろ苦さが加わり、普段とは違う味わいに。具の塩味がお茶漬けの素の代わりをします。

材料

ご飯…1杯分

鮭そぼろ

塩昆布

お茶の葉の佃煮…各適量

抹茶…少々

冷茶…適量

お茶の葉の佃煮の作り方…お茶殻を油でいため、酒・砂糖・醤油を加えて煮含めます。水分がなくなったら、みりんを少し加え、唐辛子・胡麻を振りかけて完成。


 

ツナと梅干し添え

ツナ梅3

市販の材料で簡単に作れるお茶漬け。時間のない時、冷蔵庫に常備しておくと、パッと作れて重宝する一品です。

材料

ご飯…1杯分

ツナ缶…適量

梅干し…1個

青じそ…少々

冷茶…適量

コメントは利用できません。