新着情報

先週5月13日にJA全農京都茶市場で、

本年初の碾茶入札販売会が行われました。

いよいよ碾茶の新茶シーズンもスタートです。

 

初日の出点数は201点、14,007㎏の取引市場となりました。

宇治碾茶の最高落札単価は15,890円。

品質の良いものが揃いました。

(全農HPデータより)

 

Wazuka-uji-tea-terrace-Japantorg-2

茶の栽培、製造法による分類には

玉露 ・ かぶせ茶 ・ 碾茶 ・ 煎茶 ・玉緑茶 ・ 番茶 ・その他 があります。

碾茶は抹茶の原料としてつくられるもので、覆い下で栽培されたものが原葉となり、玉露より5日程被覆期間を長くとった茶葉が望ましいとされています。

京都府が一番の生産量を誇り、京都府・愛知県が主産地となります。

碾茶製造は「蒸熱→冷却拡散→荒乾燥・本乾燥→選別→煉乾燥」と仕上げられ、

こうしてできた荒茶が、先週ついに開幕した入札会場に並び、皆様の元へ運ばれる準備が整ったということになります。

 

最近では、様々な抹茶製品を日常的に目にするようになりました。

これからの季節食べる機会が増える アイスクリームかき氷

あるサイトの「好きなアイスの味ランキング」では、抹茶がバニラに次いで2位!!

「好きなかき氷の味のランキング」では宇治金時がです!!

B3_milkyOL

確かにこのポスターを見るだけで、食べたくなりますね。

ちなみに「宇治金時」という名称。 「宇治」イコール「抹茶」を連想させることより名づけられているとか。

宇治抹茶が銘茶として認識されていることがわかりますね。

 

(参考:http://chosa.nifty.com/gourmet/chosa_report_A20130726/2/ ・http://chosa.nifty.com/gourmet/chosa_report_A20130726/3/ ・http://www.frappe-market.com/sales_promotion/0871.html)

 

グリンティーや抹茶カプチーノは、お抹茶に砂糖などを加え

お抹茶をより気軽に味わえると幅広い年齢層の方から人気の商品です。

是非、ご家庭でもお楽しみください。

コメントは利用できません。