新着情報

外国人観光客の日本みやげに 抹茶菓子がブレイクしています

円安を背景に増加する外国人観桜客の間で、

日本みやげとして抹茶菓子が大ブレイク。

昨年10月には菓子が免税品の対象となり、

関連業界から期待の声も上がっています。

  1. 外国人観光客の日本みやげに?!」
  2. 訪日外国人2千万人時代に向けて…

日本ならではのスイーツとして注目度UP!

免税対象でさらに売上好調

数年前からブームの抹茶スイーツ。今も人気はとどまるところを知らず、外国人観光客にも抹茶菓子が空前の売れゆきだとか。大阪市北区の某デパートの地下食品売場でも、「マッチャ、マッチャ」と言いながら買い物をする外国人も多いそうです。

背景にはユネスコ無形文化遺産に和食が登録され、日本のおもてなしの原点である茶道での抹茶に関心が寄せられているからですが、抹茶そのものは勿論のこと、それ以上に注目を集めるのが抹茶味のお菓子なのです。先のデパートでは、抹茶味のあめ、饅頭などの販売が1年前から増加。中国や台湾などアジア圏の観光客を中心に売れているといいます。

この抹茶菓子ブームの火付け役となったのが、チョコレート菓子のキットカット。抹茶味は日本だけの販売のため、訪日時の定番みやげとして人気があり、このデパートでは免税対象となった10月以降も売れゆきは好調。製造元のN者によると、空港免税店などでの抹茶シリーズの売上げは、平成21~25年の5年間で10倍超に急増しているそうです。

更に大手菓子メーカーのポッキーやコロンも人気があり、同社経営の大阪難波の販売店では、抹茶菓子を求める中国人の団体客も目立ち、食べ歩き用に1個、土産用には10個入りの段ボールごとよく出るそうで、客単価は1万円以上になることも珍しくないといいます。京都は四条烏丸にあるお菓子のデパートでも同じ現象が起きており、海外の団体客が抹茶菓子を箱ごとまとめ買いする姿も多く、日本のお菓子を買うことが観光コースの一つとなっているそうです。

抹茶菓子

・・・「訪日外国人2千万人時代に向けて…」に続きます

コメントは利用できません。