新着情報

~「宇治新茶 八十八夜茶摘みの集い」レポート~

立春から数えて88日目が雑節の一つ「八十八夜」。
春から夏へと変わる節目の日であり、
唱歌「茶摘み歌」にもあるように、茶摘みが行われるのもこの頃です。


こうしたお茶の文化を伝え、また、茶業振興の一環として、
毎年、京都府茶業会議所などでは八十八夜に「茶摘みの集い」を実施しています。
今年は5月2日に開催され、五月晴れの空の下、
多くの一般参加者が新茶の香りにくつろいでいました。


一芯二葉摘みを体験

 tudoi2.jpg
 tudoi3.jpg
 tudoi4.jpg

tudoi5.jpg

 京都府茶業会議所、京都府茶生産協議会、京都府茶協会が主催する「宇治新茶 八十八夜茶摘みの集い」が今年もGW中の5月2日に開催されました。
 昨年同様、第1会場は「宇治茶会館・茶業センター茶園」、第2会場は「京都府農林水産技術センター 茶業研究所」に分かれての開催です。来場者を迎えるのは緑色のはっぴを着た茶業関係者であり、矢野園の一部社員もお手伝いとして参加しました。
 第1会場の宇治茶会館は、宇治茶文化の普及のために昨年竣工した建物で、この日が開館1周年にあたります。2階3階の各ホールでは、日本茶インストラクターによる「お茶の淹れ方教室」、ホットプレートを使った簡単な「製茶体験」が実施されました。参加者の中には外国人の姿もあり、西洋のお茶とは異なる日本茶の淹れ方、作り方に興味しんしんの様子でした。また、第2会場では、手もみ製茶や製茶工場の体験・見学などが行われました。
 しかしながら、当日のハイライトは「茶摘み体験」です。第1会場は自然仕立ての玉露茶園、第2会場は煎茶園で茶摘みが行われ、参加者たちはスタッフの指導のもと、「一芯二葉摘み」、「かき摘み」などに挑戦していました。
 清々しい緑のにおいがする茶園には、茜だすきにかすりの着物、姉さんかぶりをした「宇治茶レディー」が立ち、茶摘みの雰囲気を盛り上げていました。

八十八夜はお茶の新年の始まり

 さて、茶摘みは古来八十八夜を目安にするとはいえ、生産家さんは山茶花の花のつき具合や筍の育ちを見て、お茶の新芽の時期を予想すると言います。天候次第で変わる農産物。摘採の初めは毎年、微妙に異なります。
 一般に八十八夜イコールお茶摘みのイメージが強く、5月早々に新茶を摘み終えるように思われがちですが、実際には5月いっぱいをかけて一番茶の摘採を行います。宇治田原や和束の生産家さんが一番茶を荒茶にしたお茶、入札したお茶が矢野園へひっきりなしに運ばれてくるのもこの月であり、まさに目の回る忙しさです。
 宇治の茶園では、その後「ヤナギ」を摘み、二番茶を摘み、祇園祭を前にした頃にようやくふだんの静けさを取り戻します。ちなみに、地方によっては三番茶、四番茶と摘むところもありますが、宇治では茶木の養分補給も考慮し、二番茶で摘採を終えるのが通例になっています。
 いずれにしても、茶業関係者にとって八十八夜は節目の日であり、お茶の新年に向けての出発点でもあります。
 矢野園では昨年にも増して美味しいお茶を皆様方にご提供することを第一に考え、日本茶の文化と宇治茶の素晴らしさの普及に努めていきたいと考えています。


※写真説明
1:昔ながらの衣装の宇治茶レディー

2:覆いの下、茶摘みに挑戦(第2会場)

3:家庭でできる製茶法の体験講座
4:日本茶インストラクターが美味しい淹れ方を解説

コメントは利用できません。