新着情報

お茶を美味しく味わうのに欠かせないのがお茶請け。

なかでも、お茶の渋みに最も合うのが和菓子です。

しかし、茶葉によっては和菓子との相性も様々。

そこで、和菓子の種類に応じた、茶葉の合わせ方をご紹介します。

 jyounamagasi.jpg 上生菓子】じょうなまがし
茶席に欠かせない気品ある和菓子。舌ざわりがなめらかで上品な甘さの練り切りは、上質のお茶がベスト。上品な香りと甘み、なめらかな味わいが堪能できる抹茶、煎茶、玉露と組み合わせていただきたいものです。
youkan.jpg  【羊羹】ようかん
 濃厚な甘さの練り羊羹には、香り高く、上質な渋みとコクのあるお茶が理想的。普通煎茶、芽茶、抹茶との組み合わせがおすすめ。蒸し羊羹や水羊羹には、その風味に合わせてお茶の淹れ方にも変化をもたせましょう。
 monaka.jpg  【最中】もなか
 香ばしい皮の中に餡を挟んだ最中は、しっかりとした甘さが楽しめる和菓子。その濃厚な味わいには、やはり濃いお茶が合います。上品な甘みとコクを持つ抹茶入り玄米茶をはじめ、抹茶、煎茶との相性がぴったり。
 dora.jpg  【どらやき】
 焼いた生地に餡を挟んだどらやきは、香ばしさと強い甘みがあり、洋菓子のようなボリューム感があります。やや濃くて、高温で淹れた香り高いお茶との相性がよく、深蒸し煎茶、釜炒り茶、玄米茶がおすすめ。
 higasi.jpg  【干菓子】ひがし
 茶席では薄茶のお茶請けに出されます。落雁などの干菓子に使われる和三盆糖は、強い甘みが特徴。穏やかな香りと上品な甘さの抹茶、玉露、上級煎茶は、強い甘みの和菓子にもくどくならず、さっぱりといただけます。
 sennbe.jpg  【醤油煎餅】しょうゆせんべい
 パリパリと香ばしい醤油煎餅は、ついつい手が伸びて何枚も食べてしまいます。こうばしい香りのほうじ茶は、さっぱりとした味わいでたくさん食べるおやつにマッチ。玄米茶、番茶とも相性抜群です。
 moti.jpg  【塩大福】しおだいふく
 モッチリとした食感の塩大福は、甘みもしっかりしています。パンチの効いた風味には、渋みのある濃い目のお茶がぴったり。高温で淹れた煎茶、芽茶、かぶせ茶は、香り高く渋みの効いた深い味が楽しめます。
 mannjyu1.jpg  【薯蕷饅頭】じょうようまんじゅう
 薯蕷、すなわち山芋を生地に練り込み、餡を入れて蒸した饅頭。茶席にも登場し、上用饅頭の呼び名もあります。フワッとした口当たりと上品な甘さは上質なお茶との相性がよく、煎茶、玉露、抹茶でいただきましょう。

(参考資料 山上昌弘著「知識ゼロからの日本茶入門」)

コメントは利用できません。