新着情報

シリーズ ~TREND1~ 

水筒男子、急増中 !

 

mybottle.jpg

水筒を会社に持参する人の割合は44%

20代男性は約半数が水筒持参

ちなみにこの数字、前年比の約4倍!

  水筒を持つ人が増えています。

(株)ミツカンが今年5月に行った調査によると、水筒を会社に持参する人の割合は44%20代男性は約半数が水筒持参で、「水筒男子」という新語もできました。ちなみにこの数字、前年比の約4倍というから驚きです。
 水筒持参の主な理由は、お金がかからない、ゴミに困らない、何回でも使えて愛着が持てるから、とのこと。500mL150円とはいえ、ペットボトルを買い続けるのはお財布にやさしくありませんし、水筒なら飲み終わった容器の捨て場所に困らなくてすみます。
 こうしたマイ水筒が生活の一部になっているのが南米・ウルグアイです。この国では大人も子供も大型の水筒を携え、いつでもどこでもマテ茶を楽しむそうです。
 日本の場合は、かさばらない小型の水筒が特に人気を集めています。しかし小型ゆえに持ち運びは便利ですが、量は入りません。そこで、商売に敏感な東京・大阪などの喫茶店では、マイ水筒への補充サービスを始めました。これはお茶の小売店様にとっても大きなチャンスになるかも知れません。店頭の看板に『淹れたて日本茶、水筒に補充します』と書いておけば若い男女が訪れるはず。こうした補充サービスが広まることにより、茶葉から淹れるお茶が見直され、普及にもつながっていく…。そうなればいいですね。

コメントは利用できません。