新着情報

茶文化を多くの方に知ってもらおうと毎年開催されている『宇治田原ふるさと祭』が18日(日)、今年もさわやかな秋晴れの中開催されました。

茶娘ちゃん踊りや和太鼓サークルの演奏で祭りムードを盛り上げる中、茶接待をはじめたくさんの催し・ブースが開かれました。 

地元特産品の販売では、お茶をはじめ地元とれたての野菜や、つきたてのおもち、茶そばなどがふるまわれました。

山茶花会のお茶席 1階【山茶花会】のお茶席へ。

弊社社長と驚きながらいただいたのは、宇治田原産の玉露。

素晴らしい香りが口いっぱいに広がり、これだけで今日ここへ来た甲斐があったというほど美味しいお茶でした。「もみじ」の茶菓子をいただきながら二煎目・三煎目とそれぞれを味わいました。

この茶の美味しさを、たくさんの方に味わっていただきたいと強く感じるスタートとなりました。


手揉みの実演 2階に上がると大きなほいろで茶を揉む姿が。 【手揉み保存会】の方々の手揉み実演。宇治田原の永谷宗円翁創案した、青製煎茶製法。ホイロで乾燥しながら手で揉む製茶法(青製煎茶製法)が保存会の皆さんによって継承されています。

   手揉み保存会_年越し   今年の年越しには幻想的な雰囲気の中 永谷宗円翁正家で手揉みが行われました。(2009年への年越し時 撮影)

茶品評会会場 茶品評会 【宇治田原茶品評会茶展示】 

第34回宇治田原茶品評会褒賞授与式と、第3回永谷宗圓茶俳句賞表彰式が午前9時30分より行われ、その受賞茶が展示されていました。俳句は宇治田原内だけでなく、遠くからの投稿もあったようです。

永谷宗円正家ツアーでは、会場からシャトルバスが運行。会場内に出発お知らせの放送が流れていました。観光ボランティアによるガイドで導き、正家ではオカリナ演奏や地元住民の茶接待が行われました。


武将姿 武将姿で記念撮影する子供たち今年の新企画は【箱根の坂】にスポットがあてられました。歴史小説 『箱根の坂』(司馬遼太郎)の序盤、宇治田原が舞台となっているのです。『箱根の坂を知っていますか?』と、司馬遼太郎氏が執筆にあたって宇治田原を訪れた際の写真等の資料の展示コーナーが設けられました。またそれにちなんで、武将姿で来場者のガイドを行ったり、子供たちへ武将衣装の貸し出しを行い、子どもたちは得意げな表情で嬉しそうにカメラを向いていました。

コメントは利用できません。