新着情報

皆様もご存知の、緑茶製法の祖・永谷宗円翁の生家が修復工事を終えようとしています。
nagatanike.jpg  

この建物は、宗円が暮らした屋敷跡に残るほいろ跡等を保存しようと、地元住民によって昭和35年に修復再建されたものです。数十年の歳月によりこの生家のかやぶき屋根の損傷が激しくなったため、平成18年茶業関係者や地元区民らにより『永谷宗円翁顕彰会』が結成され、
平成19年4月より修復作業が開始されていました。
先日わたしも見学してきたのですが、時間の流れを忘れるような雰囲気の中、宇治田原の自然からの木漏れ日と空気が一体となりなんともいえない情緒をかもしだしていました。
宇治田原町指定文化財にもなっている宗円生家の修復を機会に、
私たちの扱う宇治茶『緑茶製法の
誕生の地』を訪れ、現代に伝承していこうという気持ちを新たにしております。nagatani_syuufuku.jpg

矢野園にも、様々な方がおいでくださいます。
「お茶の宇治田原」という土地を訪れて、ふらりと寄ってくださるのです。
どの方も、お茶に対して自分のこだわりをもっておられ、
何よりお茶を大変好んでおられます。
このようなお客様から、お茶に対しての思いを伺い何か暖かい感情を覚えながら、
同時に小売店様はいつもこのようなお客様を迎えておられるのだなと、実感しております。
どこへ行っても必要なものがある程度揃う今現代、顔をあわせてお茶を買いに来てくださるお客様の
お相手をできるのは、良い意味で贅沢感があります。
ぜひ、緑茶製法の祖・永谷宗円生家の修復のお知らせを、話のねたのひとつに。

又、宗円翁は、自身が発明した製茶法を近隣にも惜しみなく伝えたといいます。
私共皆様と顔をあわせたお付き合いでもって、ご満足いただける商品をお届けしていく所存で御座います。

コメントは利用できません。